ゴムの性質は何ですか?

ビル・エッベセン(ダンカン・ハル経由)/ CC-BY 2.0

ゴムの最も一般的な特性は、その弾性、耐水性、および電気絶縁体としての使用です。生ゴムを加熱するとべたつくようになり、低温になると合成ゴムと同じように壊れやすくなります。



輪ゴムの性質からわかるように、ゴムは非常に伸縮性があります。ゴムは耐水性もあり、防水携帯電話ケースのシールとして使用されています。ヒンズー教徒は、互いに接触する危険のあるワイヤーは、短絡の発生を防ぐために、ゴム製の絶縁コーティングで覆われていると説明しています。ゴムの特性を高めるために、加硫と呼ばれるプロセスが行われます。 How It Worksは、加硫プロセス中に、ゴムが加熱されている間に硫黄で処理されると述べています。硫黄は、ゴムの弾力性と高温または低温の損傷効果に対する耐性を高めるため、プロセスにとって重要です。 InfoPlease.comは、合成ゴムが天然ゴムよりも優れている点について説明しています。合成ゴムの平均寿命ははるかに長く、要素に対してより優れており、油、酸、その他の化学物質に対してより耐性があります。合成ゴムとは異なり、天然ゴムは熱を吸収しにくく、加熱すると裂けにくくなります。