軟鋼の特性は何ですか?

軟鋼は、強靭で、延性があり、展性があります。引張強度は良好ですが、耐食性は劣ります。主に万能エンジニアリング材料として使用されています。



軟鋼の人気 軟鋼は、炭素鋼および普通炭素鋼とも呼ばれ、非常に人気のある金属であり、入手可能な最も安価な種類の鋼の1つです。ほとんどすべての金属製品に含まれています。このタイプの鋼は2%未満の炭素を含んでいるため、よく磁化されます。もろくなく、展性があり、電気を通すことができます。比較的安価であるため、軟鋼は大量の鋼を必要とするほとんどのプロジェクトに役立ちます。世界中のすべての鉄鋼製品の約90%に軟鋼が含まれています。さまざまな産業で使用されており、調理鍋などの日常品にも使用されています。



軟鋼の組成 一般に、軟鋼は0.16〜0.18パーセントの炭素を含み、最大で0.25パーセントです。合金として、軟鋼には、0.7〜0.9パーセントのマンガン、最大0.4パーセントのシリコン、最大0.04パーセントの硫黄、および最大0.04パーセントのリンも含まれています。これらの追加された要素は、金属の引張強度、延性、および硬度を高めるのに役立ちます。軟鋼は硬質鋼の一種であり、脆性が大幅に低下し、柔軟性が向上します。

それがどのように作られるか 炭素鋼として、それは他の炭素鋼とほとんど同じ方法で作られています。それを作る一般的な方法は、高炉で石炭と鉄を一緒に溶かすことです。コンパウンドは、長方形などの扱いやすい形状に固化されます。次に、必要な軟鋼のサイズは、長方形の形状を冷間延伸または熱間圧延することによって達成されます。

その最も重要な特性 軟鋼に含まれる炭素の量は、その特性を変化させて、より強く、より硬くなります。工業グレードの軟鋼には、210,000Mpaの弾性が必要です。軟鋼は柔らかい素材であるため溶接が容易ですが、ステンレス鋼などの高炭素鋼は特殊な溶接技術を使用する必要があります。電気は、その構造的完全性に影響を与えることなく、軟鋼を容易に流れることができます。延性があり、もろくなく硬く、焼きなましが容易です。その可鍛性により、建設資材やパイプラインの建設に最適であり、自動車産業などの構造用鋼としても理想的です。軟鋼は強磁性を持っているため、磁化が容易であるため、電気機器の製造に適した材料です。金属は、フライス盤や穴あけ機、形削り盤、旋盤で簡単に加工できます。



そのアプリケーション 鋼で作られたほとんどの日常の製品には、穏やかな鋼の材料が含まれています。調理器具でますます人気があり、機械部品の製造に適しています。自動車業界では、車体や部品の製造に使用されています。建設のために、それは好まれた建築フレーム材料です。また、金属のフェンシングやゲーティングにも使用され、錬鉄のデザインに取って代わりつつあります。軟鋼はパイプラインやポールに人気のある素材です。

その制限 軟鋼は構造強度が高くないため、桁、構造梁、その他の耐力プロジェクトの構築には適していません。軟鋼には炭素が多く含まれているため、錆びやすいため、錆びない製品が必要な場合は、ステンレス鋼などの金属ではバイパスされます。軟鋼の錆びを防ぐために、シーラントまたは塗料でコーティングする必要があります。軟鋼にグリースやオイルを塗ると、腐食から保護するのにも役立ちます。