メキシコで最も人気のある仕事は何ですか?

メキシコの労働力の最も重要な部分は、サービス部門で仕事をしています。 サービス部門の仕事はメキシコの労働者の約62%を雇用し、メキシコ人の24%は産業の仕事で働き、残りは農業労働者です。



サービス業は、ほとんどの先進国で最大の雇用セクターを構成しています。これは、政府の業務、通信、金融および銀行、芸術および娯楽、教育、輸送、および有形の商品を直接生産しない本質的にすべての経済活動を含む幅広いカテゴリーです。



メキシコは毎年約2,000万人の外国人観光客を受け入れ、世界で8番目に訪問者が多い国であるため、観光業はメキシコの大きな産業です。メキシコの資本の豊富な銀行が合併し、さまざまな外国の金融機関と取引を続けているため、銀行システムも国内で著名な雇用主です。農業部門への融資は劇的に減少しましたが、メキシコの銀行は保険、リース、住宅ローンサービスからかなりの利益を生み出しています。米国の経済活動と密接に関係しているメキシコ証券取引所も近年成長しており、サービス部門で多くの人々を雇用しています。電気通信会社も労働市場の著名なプレーヤーです。