カエルの適応は何ですか?

Noel Zia Lee / CC-BY-2.0

カエルの適応には、特殊な脚、足、皮膚、目、体型が含まれます。 カエルは主に水中に生息するため、適応の多くは水生環境で効果的に生活する能力を高めます。



カエルは長くて力強い足を持っているので、ジャンプして長距離を泳ぐことができます。彼らはまた、水泳を助けるためのひれとして機能する水かきのある足を持っています。カエルの体の形は流線型で、体はスリムで首はなく、頭は広いので、水の中をスムーズに進むことができます。

カエルの皮は水生生物にも適応しています。皮膚は薄く、皮膚呼吸が可能です。つまり、カエルは皮膚から酸素を吸収することができます。皮膚も浸透圧性であり、水の出入りを可能にします。皮膚が薄いため、乾燥しやすくなります。したがって、カエルは皮膚を湿らせておく粘液を生成します。

カエルの目は大きくて丸く、頭の上に座っています。この配置により、カエルは広い範囲の視界を維持しながら、体の大部分を水中に保つことができます。目の配置により、カエルは頭を動かさずに捕食者や獲物を探し回ることができます。カエルは、水中を含む薄暗い条件で特によく見ることができます。