教会の案内係が使用する18の手信号は何ですか?

ダンシャノン/ E + /ゲッティイメージズ

教会の案内係が使用する18の手の信号の1つは、案内係が聖域に入るときに取るサービスポジションと呼ばれます。 挨拶の合図は、会衆に挨拶するために使用される開いた右手です。



サービスポジションは、アッシャーの背中の後ろの左手と彼の右側のまっすぐな右手です。注意信号は、次の信号セットに注意を払うように他の案内係に警告することです。この位置で、案内人は右手をネクタイの上に置きます。案内係は、右腕を左腕に交差させ、両手が反対側の肘に触れることで、祈りの合図をします。案内係が駅に着く時間になると、案内係は右手を左頬から右腰に弧を描いて動かします。これは、連続して利用できる椅子の数を尋ねる合図でもあります。

案内係が救済、プログラム、封筒、ファンなどの特定のものを必要とする場合、案内係は注意信号を想定し、ブレザーの襟に対応する数の指を向けます。聖域への出入り口の管理を担当する案内人は、背後にある信号を使用して、ロビーの集会者にサービスで何が起こっているかを警告します。案内係が苦しんでいるとき、彼女は両手を耳に当て、両手を首の後ろに動かし、胴体を砂時計の形に下ろします。リードアッシャーは、手のひらを下に向けて、オファリングシグナルを出します。