誕生石の12色は何ですか?

カールフェルドマン/ CC-BY 2.0

誕生石の色は、1月と7月は赤、2月と6月は紫、3月、9月、12月は青、4月は白または透明、6月は白、5月と8月は緑です。 10月はピンクまたはマルチカラー、11月は黄色。 古代では、実際の石よりも色の方が重要でした。アメリカ宝石協会によって受け入れられている現在の石のリストは1912年にさかのぼります。



1月の赤は、誕生石がガーネットであるため、深紅です。ガーネットには別の色がありますが、赤は伝統的です。 2月の誕生石は紫色のアメジストです。 3月のアクアマリンは、澄んだ水色の色合いです。 4月は誕生石として貴重なダイヤモンドを持っており、透明であるほど良いです。 5月のエメラルドは、豊かで鮮やかなグリーンです。 6月には、真珠とアレキサンドライトの2つの誕生石があります。伝統的な真珠はやや白く、アレキサンドライトは一部の照明では緑と赤に見え、他の照明では紫がかった赤に見えます。 7月のルビーはミディアムまたはミディアムダークの鮮やかな赤またはわずかに紫がかった赤です。 8月の誕生石は薄緑色のペリドットで、9月の誕生石は紺碧のサファイアです。 10月は、6月と同様に、マルチカラーのオパールとピンクのトルマリンの2つの誕生石があります。 11月のシトリンとトパーズは黄橙色の石です。 12月には、色相の異なる3つの青い石、タンジナイト、ジルコン、ターコイズが主張されています。