マザーボードに含まれている10個のコンポーネントとは何ですか?

マザーボードは、コンピューターに見られる主要なプリント回路基板です。 コンピュータの基本的な回路が含まれています。その主なコンポーネントには、RAMスロット、CPUチップ、IDEスロット、SATAポート、CPUスロット、CMOSバッテリー、チップセット、BIOSチップ、CPUクロック、パラレルポート、マウスおよびキーボードコネクタ、フロッピーコントローラ、PCIスロット、ビデオカードスロット、拡張スロットが含まれます。およびUSB。



CPUチップは、マザーボード上で最も重要なコンポーネントの1つです。プロセッサとも呼ばれ、プログラム命令のフェッチ、デコード、および実行を担当します。また、数学的および論理的な計算も実行します。



チップセットには、メインメモリ、CPU、およびセカンダリキャッシュが含まれます。 2つの主要なチップセットは、メモリコントローラーとも呼ばれるノースブリッジと、入出力コントローラーとも呼ばれるサウスブリッジです。

ノースブリッジはRAMとプロセッサ間の転送を制御しますが、サウスブリッジはプロセスと、サウンドカード、キーボード、マウス、シリアルポートなどの低速の周辺機器との間の通信を処理します。

Basic Input / Output Systemの略であるBIOSは、デバイスドライバーとも呼ばれ、システムハードウェアを制御します。また、ハードウェアとオペレーティングシステム間のインターフェイスとしても機能します。



Intergrated Drive Electronicsの略であるIDEおよびSerialAdvanced Technology Attachmentの略であるSATAは、ストレージデバイスに接続を提供します。