ソクラテスはソフィストとどう違うのですか?

ソクラテスは、絶対的な真実を客観的に探すことを信じていたため、ソクラテスとは異なりました。一方、ソクラテスは、人々が自分の中で「真実」であると感じたことに基づいて決定を下すべきだと信じていました。ソクラテスは、社会には知恵が必要であり、その知恵はソフィストが賞賛した主観的な「真実」以上のものであると感じました。



ソクラテスとソクラテスの意見の違いにもかかわらず、ソクラテスは彼らの信念のいくつかを共有し、ソクラテスのために部分的に死にました。ソクラテスはソフィストに関連しており、ほとんどのソクラテスは政治的敵と見なされていました。



ソクラテス自身は、彼の考え、信念、または仕事の記録を保持していませんでした。今日存在するすべての詳細と記録は、ソクラテスの同時代人からのものです。残念ながら、これらの同時代の人々は偏見を持っており、アカウントは本当に正確であるとは見なされません。知られているのは、ソクラテスが「西洋哲学の基礎」になったということです。

ソクラテスはシンプルな生活を送っており、わいせつな量の富を集めることを信じていませんでした。彼はまた優れた討論者であり、しばしばソフィストと討論しました。ソフィストは、プラトンが彼自身の哲学から学び、それを使用するであろう彼の推論を発展させるためにソクラテスを助けました。ソフィストが自分の推論能力に頼るのではなく、パッセージを暗記するように人々に教えるので、ソフィストが推論した方法は、ソクラテスのソフィストに対する主な批判の1つでもありました。