三菱自動車の信頼性は?

現代の三菱車は全体的に優れた信頼性を備えており、三菱ランサーは1997年から2012年の間に製造された最も信頼性の高い車と見なされています。 三菱アウトランダースポーツはまた、消費者レビューウェブサイトConsumerReportsによって2014年の最も信頼できるSUVに選ばれました。



新しい三菱車は全体的に高い信頼性を持っていますが、いくつかのモデル年は他のものより信頼性が高いことが証明されています。たとえば、三菱ランサーの2005年、2007年、2008年のモデル年は、そのモデルの中で最も信頼できる年と見なされますが、自動車修理追跡サイトCarComplaintsによって報告されているように、2011年のモデル年は最も信頼性が低いと見なされます。しかし、アウトランダースポーツは2011年のデビュー以来、全体的に優れた信頼性評価を獲得しています。



古い三菱モデルは、このメーカーの新しい車両ほど信頼性が低い可能性があります。三菱エクリプスは、ハイエンドのランサーエボリューションパフォーマンスカーと同様に、そのトランスミッションに関して一部の所有者によって報告された重大な問題を抱えています。自動車レビューサイトのエドモンズが報告したように、三菱ギャランファミリーセダンは、日本製のセダンの多くほど長期的に信頼性がありませんでした。最後に、90年代半ばのMitsubishi 3000GT VR4スーパーカーは、三菱愛好家にとって非常に望ましい車両と見なされていますが、その複雑な四輪駆動システムと電気システムは、かなりの費用のかかるメンテナンスにつながります。