ピタゴラスの定理は今日どのように使用されていますか?

ハンスハンセン/デジタルビジョン/ゲッティイメージズ

ピタゴラスの定理は、今日、建設やその他のさまざまな職業、および多くの日常の活動で使用されています。 建設において、この定理は、建築業者が建物の角の基礎を築くために使用する方法の1つです。この特殊三角形は、直角を構築するためのツールである大工の正方形がない場合に役立ちます。



塩水に生息する動物

ピタゴラスの定理は、直角三角形があるときはいつでも適用できます。人が三角形の2つの辺の長さを知っていて、3番目の辺を見つけたい場合は、この定理が使用されます。たとえば、ある人が家具店でエンターテインメントセットを見て、家に帰って自分のテレビセットを測定する時間がありません。彼は自分のテレビ画面の測定値を知っているため、ピタゴラスの定理を使用して、エンターテインメントセットのテレビスペースの対角線の測定値を計算します。この簡単な方法で、彼は自分のテレビが合うかどうかを判断することができます。



さらに、ピタゴラスの定理は、今日の高度な数学で一般的に使用されています。これは、さまざまな幾何学的形状の表面積、体積、および周囲長の計算、極座標と直交座標間の変換、および平面上の特定の点間の距離の計算に使用されます。距離の公式は、最も頻繁に使用されるアプリケーションの1つです。

ピタゴラスの定理を通常使用する専門家には、コンピューターおよび数学の専門家、エンジニア、建築家、測量士、地図製作者、大工、建設および建築検査官、電気技師、ガラス工、電気工事業者、機械工、建設およびビジネス業界の管理者が含まれます。