確率は実際の生活でどのように使用されますか?

確率、または何かが起こる可能性のある数学的確率は、天気予報を含む多くの日常のアプリケーションで使用されます。 たとえば、雪の75%の可能性を予測する天気予報では、確率を使用して、人々が雪の状態に対処する準備をする必要があることを伝えています。



天気予報や政治選挙などの潜在的な結果を予測するために使用されることに加えて、確率はいくつかの異なる専門分野で使用されます。公衆衛生従事者は、確率を使用して、リスクの高い人々に病気にかかる危険性について警告することができます。その例としては、喫煙者が肺がんを発症する可能性が一定の割合であると述べているがん慈善団体の出版物があります。



他の分野では、さまざまな方法で確率を使用して、リスクや利益をクライアントや一般の人々に伝えることができます。また、確率は、農業や牧場などの非公開の職業の人々を支援するためにも使用できます。自動車保険業界は、人口統計情報に基づく確率を使用して、顧客の保険料を設定します。この業界では、年齢、性別、個人が運転する傾向のある距離などの人口統計を使用して、個々の保険の顧客が自動車事故に巻き込まれるリスクを判断します。これらの人口統計は、リスク確率を計算するための式で使用されます。