家のかまどのサイズはどのように決めますか?

建物の平方フィートや建物が占める気候など、家の炉のサイズを決定する際に考慮すべきいくつかの要因があります。 経験則では、穏やかな気候では1平方フィートあたり25〜30 BTUを許可し、より厳しい気候では1平方フィートあたり最大45BTUを許可します。したがって、2,000平方フィートの家の場合、理想的な炉のサイズは60,000から90,000BTUまで変化します。



効率は、家に適した炉のサイズを選択する際の重要な考慮事項です。 BTU出力に定格効率を掛けると、実効BTUが得られます。わずか10%の効率の違いが、ユニットの実際の出力に大きな影響を与える可能性があります。 The Nestによると、より効率の高いユニットを選択することで、所有者は必要な炉のサイズを縮小できます。



炉の正しいサイズは、家の快適さのレベルを改善し、より長い炉の寿命を保証します。小さすぎる炉は、家を快適に保つために過労であることが多く、コンポーネントに追加の摩耗を引き起こします。外気温が下がると、小さめのユニットは希望の快適レベルを維持する能力を失う可能性があります。ただし、特大のユニットを選択すると問題も発生します。その後、ユニットは家をすばやく暖め、電源を切ります。このような短いサイクルは、炉の機械部品では困難であり、多くの場合、早期の故障につながります。