生地にどのように色を設定しますか?

マッケイサベージ/CC-BY-2.0

非常に冷たい水で1/2カップのヨウ素添加塩を使って素材を洗うことにより、生地の色を設定します。 塩は色のにじみを防ぎます。さらに色を設定し、色が薄くなるのを防ぐために、すすぎサイクルに酢1カップを追加します。



塩に含まれる塩化物は、繊維に色を封じ込め、より長く新鮮に見えるようにするのに役立ちます。酢は生地を柔らかくするだけでなく、色を浸す洗剤の蓄積を防ぎます。この技法は、さまざまなテキスタイルで機能します。



素材の色落ちや色落ちの可能性がある場合は、洗濯機の半分まで水を入れ、塩と酢を1カップ加えます。よく混ぜて、生地を追加します。生地を1時間浸します。水中に染料が含まれている場合は、布を取り出したときに水がきれいになるまでこのプロセスを繰り返します。

余分な染料を洗い流さない限り、お湯を使用しないでください。場合によっては、衣類は正しく染色されていますが、余分な染料が含まれています。多くの衣類は製造時に十分に洗浄されていないため、適切に接着しなかった繊維に染料が残っている可能性があります。冷水で1回洗浄し、洗剤でお湯で2回洗浄すると、緩んだ染料がすべて除去されます。