ダッジネオンのチェックエンジンライトをどのようにリセットしますか?

ダッジネオンのチェックエンジンライトをリセットする唯一の方法は、オンボード診断ツールを使用するか、バッテリーを切断することです。 ほとんどの場合、バッテリーを外すとチェックエンジンライトがリセットされますが、ほとんどの整備士は盗難防止システムを搭載した車にこの方法を推奨していません。



2000年から2003年にかけて製造されたダッジネオンは、所有者がOBDツールを使用せずにチェックエンジンライトが示しているコードを理解することを可能にします。これは、キーをイグニッションに入れ、アクセサリの位置に回してからオフにすることで実行されます。これを3回繰り返すと、チェックエンジンランプが点滅し始めます。点滅する回数と順序は、チェックエンジンコードを示しています。たとえば、チェックエンジンライトが2回点滅し、一時停止してからもう一度点滅する場合、これはコード21を示します。



OBDは、整備士や車両の所有者に、車のどこが悪いのかを内部で確認するために使用されます。車両の自己診断システムによって提供される情報の量は、1980年代に導入されて以来大幅に向上しています。最初のシステムの中には、問題が検出された場合に特定の誤動作インジケーターを点灯させるだけのものもありましたが、問題の性質に関する情報は提供されませんでした。