エンジンの点火順序図をどのように読みますか?

点火順序図は、エンジンとそのシリンダーの概略図で構成されており、各シリンダーには、エンジンの動作中にトリガーされるスパークプラグを示す数値の点火順序に対応する番号が付けられています。 一部の点火順序図には、車両のディストリビューターキャップを示す小さな円も含まれており、スパークプラグワイヤーの各ポートには、ポートが電力を供給する予定のシリンダーに応じて番号が付けられています。



自動車エンジンの点火順序は、1-4-6-2-5-3のような形式で書かれることが多く、各番号は点火順序図に示されているシリンダー番号に対応しています。これは、エンジンによって生成される騒音と振動の量、エンジンの電力供給の滑らかさなど、点火順序によって影響を受ける多くの異なる設計特性のために、エンジンごとに異なります。エンジンのシリンダーを誤った順序でディストリビューターキャップに配線すると、パフォーマンスが大幅に低下し、エンジンが動作しなくなり、さらにはエンジンに重大な損傷を与える可能性があります。そのため、エンジンを修理または調整するときは、特定のエンジンの点火順序を知ることが重要です。



エンジンシリンダーの番号付け順序は標準化されておらず、エンジンの種類やメーカーによって異なるため、同じメーカーの異なるエンジン間でもシリンダーの番号付けが一貫していると想定するのは安全ではありません。たとえば、一部のメーカーは、V型8気筒エンジンの1〜4気筒がすべてエンジンの同じ側にあるように、V型エンジンのバンクのシリンダーに順番に番号を付けています。ただし、他のメーカーは、これらのタイプのエンジンの2つのシリンダーバンク間でシリンダーに千鳥状に番号を付けています。

ライオンの赤ちゃんは何と呼ばれていますか