「ウノエクストリーム」はどのようにプレイしますか?

Matt Seppings / CC-BY-2.0

UNO Extremeは、元のバージョンのUNOに似ており、同じルールの多くを採用しています。 UNO Extremeの主な違いは、各プレイヤーが最大10枚のカードをランダムにリリースできる電子カードシューターから引く必要があることです。



ラクバナバスサービス

UNO Extremeゲームでは、ゲームの開始時にすべてのプレーヤーに7枚のカードが配られます。残りのカードは、電子カードシューター内にあります。



ゲームをプレイするために、ディーラーは電子カードシューターからカードを取り、捨て札の山を始めます。各プレイヤーは順番に、捨て札の山の一番上のカードと一致するカードを色または番号でプレイします。プレイヤーが捨て札の山の一番上にあるカードと一致するカードを持っていない場合、そのプレイヤーはカードシューターから引き、シューターが手札にリリースしたカードをいくつでも追加する必要があります。

UNO Extremeの目的は、手札のすべてのカードをプレイすることです。カードが1枚しか残っていない場合、カード所有者は「うの!」と叫ぶ必要があります。他のプレイヤーに警告します。別のプレイヤーがカード所有者の前にこれを行う場合、カード所有者は電子カード所有者から引く必要があります。

UNO Extremeの一部のカードは、元のUNOとは異なります。たとえば、ワイルドドローフォーがカードである代わりに、ワイルドヒットファイアカードがあります。これは、プレイヤーにカードシューターからのドローを強制します。



HowStuffWorksによると、ゲームのプレイには通常5〜10分しかかかりませんが、場合によってはさらに長くかかることもあります。