工数はどのように計算しますか?

David McSpadden / CC-BY 2.0

工数の計算には、プロジェクトに必要な時間と必要な従業員の数を決定することが含まれます。このプロセスは、プロジェクトの前または後に完了することができます。この例では、プロジェクトの完了後の工数を決定します。計算には数分かかり、カレンダーと計算機が必要です。



  1. プロジェクトの時間枠を計算する

    カレンダーを使用して、プロジェクトがいつ開始および終了したかを判断します。従業員が働いていないときの休日を差し引くように注意しながら、プロジェクトが実行された稼働日数を数えます。この例では、プロジェクトが5日間で8週間、合計40営業日実行されたと想定します。

  2. 日と時間を掛ける

    従業員が毎日何時間働いているかを判断し、昼休みなどの無給の時間を数えないでください。各従業員が1日8時間働いていると仮定します。プロジェクトの稼働日数に、1人の従業員の1日の時間数を掛けます。この例では、40 x 8 = 320です。これは、1人の従業員が8週間にわたってプロジェクトに費やした時間数です。

  3. 従業員で時間を掛ける

    プロジェクトに複数の従業員が割り当てられている場合は、従業員数に前の手順でリストされた回答を掛けます。 1人の従業員がプロジェクトに320時間費やし、5人の従業員がタスクに割り当てられている場合、320 x 5 = 1,600です。これは、このプロジェクトで実行された総工数です。