フルクロキサシリンを服用しながらアルコールを飲むことはできますか?

drbillydude / CC-BY-2.0

フルクロキサシリンを服用している間、アルコールを飲むことは安全で許容できます。 WebMDは、アルコール摂取はこの薬に影響を与えないと述べています。フルクロキサシリンは、さまざまな細菌感染症の治療に使用される抗生物質です。



フルクロキサシリンは、皮膚、軟部組織、呼吸器系、骨、尿路、心臓、血液などの細菌感染症の治療によく使用されます。 WebMDによると、主要な外科的処置中の感染を防ぐためにも使用されます。医師の指示どおりにフルクロキサシリンを服用することが重要です。治療の全過程を完了せずにフルクロキサシリンを停止すると、一部の細菌が生き残り、感染が再発する可能性があります。 WebMDは、フルクロキサシリンは妊娠中または授乳中に使用するのが適切であると述べています。ただし、微量のフルクロキサシリンが母乳に入ります。これに関する疑問や懸念は、医師または薬剤師に向けてください。

WebMDによると、フルクロキサシリンを服用している人は、下痢、皮膚の発疹、かゆみ、関節や筋肉の痛み、発熱などの望ましくない副作用を経験する可能性があります。重度、持続性、または厄介な副作用は、フルクロキサシリンを処方した医師に報告する必要があります。呼吸困難、かゆみ、顔、舌、喉の腫れは、フルクロキサシリンに対する重篤なアレルギー反応を示している可能性があり、直ちに医師の診察が必要です。